李政美3年ぶりのニューアルバム!
オリジナルの「君死にたまふことなかれ」、「序詩」、カバー曲「ローズ」他、すべて初CD化となる11曲(+ボーナストラック)収録。価格3,000円。


ジャケット


Review 李政美の新しいCD『おとと ことばと こころで』 リブ・イン・ピース☆9+25 U

在日コリアンのシンガー・ソングライター、李政美さんの3年ぶり、6枚目となるCDアルバム。自作曲の他、日本語訳した歌、既存の詩に曲をつけた歌なども含まれ、言葉も日本語、朝鮮語、一部英語もありバラエティに富む。サポートの楽器には、ギター、ベース、ピアノ、バイオリン、マンドリンに加え、李政美ではお馴染みのチャングの他、タンソ、テグム、ヘグム、カヤグムという多彩な朝鮮の楽器を贅沢に配しています。

曲のラインナップからは、戦争や原発、差別など、今の日本社会が抱える問題に対する危機感がはっきりと感じられます。彼女がこうした歌をライブで取り上げることは珍しくありませんが、1枚のアルバムにこれだけ集めたのは初めてのこと。相変わらずの美しく深い歌声が、その内容に説得力を与えています。

中でも一推しは、『カシリ(???)』。日本軍「慰安婦」被害者の姜日出(カンイルチュル)ハルモニの体験談を基に作られた映画『鬼郷(クィヒャン)』の挿入歌。もともとは高麗時代の俗謡で、恋人との別れを悲しみ嘆く内容です。
    行ってしまうのですか?
    私を捨てて行ってしまうのですか?
    あなたが私を捨てて行ってしまったら
    私はどうやって生きていきましょう

という詩に託されるのは、「慰安婦」にされた少女の思いか、あるいは少女を奪われた家族の気持ちか。美しくかつ悲しみを湛えたメロディーが胸に迫り、深く深く染み込んでくる。胸の奥の方から何かがぞわぞわ〜っとこみ上げてくるのを感じます。間奏から加わるバイオリン・向島(むこうじま)ゆり子がまたすごい。涙腺決壊必至の名曲。

『君死にたまふことなかれ』はご存じ与謝野晶子の詩に李政美さんが曲をつけたものです。この詩を改めて読むと、これほどストレートな内容をあの時代に詠っていたことに感嘆します。
    すめらみことは戦ひに
    おほみずからは出でまさね

      かたみに人の血を流し
    獣の道で死ねよとは
    死ぬるを人のほまれとは
    おほみこころのふかければ
    もとよりいかで思(おぼ)されむ

李政美さんのこの歌を最初に聴いた時は驚きました。テンポが速い。3拍子に載せてたたみかけるように歌う。この詩がこうした曲調の歌になるとは想像できませんでした。この詩に曲をつけた歌はいくつかありますが、それらとまったく違います。終盤、歌のギアが一段と上がる。バイオリンも極限の暴れっぷり。ここまで聴いてようやく、このテンポで歌う意味が分かります。この詩は、「祈りの歌」にすることもできるでしょうが、李政美さんのこれは「闘いの歌」なのだと理解しました。

『ああ福島』。これは、福島県三春町在住で、「福島原発告訴団」団長の武藤類子(るいこ)さんの詩を元に作られた異色作。故郷への素直な愛があふれ出る。強い言葉はなくともそのまま、原発事故を引き起こし故郷を奪った政府への告発となっています。その政府が、教育について二言目には「郷土や国を愛する心」と口にすることの倒錯も浮き彫りになります。

1941年に治安維持法違反で捕らえられ、26歳の若さで獄死した尹東柱(ユンドンジュ)の有名な詩に曲をつけた『序詩』、80年代の民主化闘争の中で盛んに歌われ、カヤグムの音が印象的な『奪われし野にも春は来るのか』など、朝鮮語の歌も味わい深いものがあります。

最後に、個人的に思い入れがあるのは『いつもそばにいるよ』。李政美さんが、2003年に交通事故で亡くなった甥御さんのことを思って作った歌。彼が残してくれたことを思い、自分たちの中に生きていると歌うので、全体の曲調は前向き。とはいえ、そう簡単に割り切れるはずもなく、心は揺れる。時折混じるマイナーのコードがその揺れを映します。私事ですが、筆者はちょうど同じ頃に義妹を亡くしたので、この歌が気持ちを代弁してくれているように感じたことを思い出します。 



Birthday Anniversary 君死に給うこと勿れ


アルバムカバーの油絵を描かれた堀万里さんによる書を読みながら「君死に給うこと勿れ」を聴いてみる。






李政美 おとと ことばと こころで

HYCA-6055
販売価格:3000円(税込/送料別)
*お支払いは、CDに同封の振替用紙でお願いします
*1枚はスマートレター、2枚以上はゆうメールにての送付になります
送料:1枚180円、2枚215円、3〜5枚300円、6枚以上無料
*振込手数料はいただきません


●通販での注文はこちらから


お名前(必須) 

Eメールアドレス(半角英数・必須

送付先郵便番号(必須)  〒

送付先住所(必須)


電話番号 

枚数(必須)  3000円×
*1枚はスマートレター、2枚以上はゆうメールにての送付になります
送料:1枚180円、2枚215円、3〜5枚300円、6枚以上無料

振込手数料はいただきません


メッセージ


  
 


1. 荒川 詩:崔華国/作曲:李政美
2. いつもそばにいるよ 作詞・作曲:李政美
3. カシリ 高麗歌謡/作曲:リュヒョンソン/訳詞:李政美
4. つつじの花 詩:金素月/作曲:李政美/訳詞:李政美
5. 君死にたまふことなかれ 詩:与謝野晶子/作曲:李政美
6. 序詩 詩:尹東柱/作曲:李政美/訳詞:李政美
7. 奪われし野にも春は来るのか 詩:李相和の同詩から抜粋/作曲:ピョンキュベク/訳詞:李政美
8 . ああ福島 詩:武藤類子「福島からあなたへ」より/作曲:李政美
9 . ローズ 作詞・作曲:Amanda McBroom /訳詞:女クラブバンド+三木草子
10. 龍泉剣 済州民謡/訳詞:李政美
11. つながるいのち 作詞:佐古和枝/作曲:李政美
For You(ボーナストラック) 作詞:李政美/作曲:板橋文夫
ミュージシャン
佐久間順平(A.Gt, G.Gt/Chor) / 竹田裕美子(Pf./Chor) / 矢野敏広(A.Gt, F.Mand/Chor) / 向島ゆり子(Vn.) / 芹澤薫樹(B, E.B) / 李東信(タンソ、 テグム) /
朴根鐘(チャング) / 申閏善(ヘグム) / キムオル(カヤグム) / 安聖民(Vo) / 板橋文雄(Pf.)
●スタッフ
ピアノ調律:張能康博 / 録音・編集・マスタリング:鳥光弘樹(Studio INVITRO) / 油絵:堀万里、清水正夫 / 写真:Kim Jinjung / スナップ写真:清水康正 / デザイン:恵比寿屋 / コーディネイト:清水康正(オフィスとんがらし) / 制作:オフィスとんがらし
〒214-0021神奈川県川崎市多摩区宿河原6-16-14 ロイヤル向ヶ丘203
TEL:044-819-8623、FAX:044-819-8624 e-mail