板橋文夫×李政美「ふくしまの春」(作曲:板橋文夫、作詞:金子友紀) 2021/3/13 東京琉球館




板橋文夫×李政美「ああ福島」 (詩:武藤類子、曲:李政美) 2021/3/13 東京琉球館





新着情報・オススメ情報


2021/9/11
10/31日 板橋文夫×李政美×趙博@新宿CON TON TON VIVO 
2021/9/9
12/4土 李政美平和LIVE vol.7@須玉ふれあい館 
2021/8/18
かくれが投げ銭ライブ *緊急事態宣言延長のため延期(日時未定)
2021/8/1
10/1金 李政美バースデーライブ2021@東中野ポレポレ坐
2021/7/13
10/29金 板橋文夫×李政美DUO@東京琉球館 *9/15予約受付開始
2018/10/4
●CDアルバムおとと ことばと こころで 2018年7月4日リリース!
●ウナイさんによるCDreviewを是非お読みください。

李政美プロフィール


 済州コンサート 2016/6/19 photo by Kevin

いぢょんみ / LeeJeongmi
済州島生まれの両親のもと、6人兄弟の末っ子として東京・葛飾で生まれ、歌が大好きだったアボジ(父)が歌う韓国歌謡曲を聞いて育つ。オペラ歌手を夢見て、民族学校から国立音楽大学声楽科に進む。音大在学中に朝鮮の伝統音楽、世界の民族音楽に興味を持ち、朝鮮民謡、フォークソング、フォルクローレなどを歌いはじめる。その頃発表した音源に「セヤセヤ(鳥よ鳥よ)」、「キムミンギを歌う」等がある。
その後、子育て・充電期間を経て'94年に屋久島に住む詩人・山尾三省と出会い、彼の詩「祈り」に曲をつけて歌ったのをきっかけにオリジナル曲をつくりはじめ、以来、オリジナルを中心にジャンルを超えた幅広いレパートリーで、ライブ、コンサートを展開している。
2003年には、張思翼(チャン サイク)、楊姫銀(ヤン ヒウン)をゲストに迎えて韓国・ソウルで初のコンサートを実現し、韓国の聴衆を魅了。心にしみとおる深く透明な声は、日本全国および韓国の根強いファンに支えられている。
近年は、朝鮮の民謡・童謡・歌曲・歌謡曲を編んだ「故郷の春コンサート」の企画・開催、フリージャズピアニスト・板橋文夫とのデュオなど、意欲的に新境地を拓いている。
現在入手可能な音源は、CDアルバム「わたしはうたう」('97年秋リリース)、シングルCD「おいでみんなここへ/あれから2000年」('99年秋)、セカンドCDアルバム「オギヤディヤ」('03年春)、コンサートDVD「つながる歌 つながる舞 つながるいのち」('08年2月大阪)、2枚組ライヴCDアルバム「李政美LIVE2011 ―いのちの讃歌」('11年夏)、CDアルバム「板橋文夫×李政美―DUO―」(’15年8月)、韓国語盤CDアルバム「チグムヨギエイッソヨ」(’16年6月再販)、CDアルバム「おとと ことばと こころで」(’18年7月)